ブログ

世界にひとつだけのコーヒーを創る

 

なぜ、こんな片田舎のコーヒー屋に「オーダーメイド」とも言うべきリクエストをいただけるのでしょうか?
おそらく、それは「品質」以外の「何か」をお客様がお求めになっているからだと思います。
50年来、「独創のコーヒー」は昴珈琲店の代名詞であり続けました。
リクエストをいただく内容は多岐にわたりますが、一つひとつ丁寧にお応えしています。
お客様がお求めになる「ONE&ONLY」、世界中でここにしかない、味と香り、そのご期待に応えるために。
数字やデータのみに囚われない、自由な発想でコーヒーの味と香りを構築し創造する。
お客様は、単なるコーヒーをお求めなのではない、目には見えない「味と香りのオートクチュール」をオーダーされているのだ、と私たちは考えます。
脳裏に描いたイメージのコーヒーによる具現化。
これからも確かな品質と自由な発想で「世界でひとつだけのコーヒー」をお届けします。


sekai_yh
hide’s coffee ~HURRY GO ROUND~
モンスターバンド、X-JAPAN・ギタリストhide氏の7回忌会葬返礼品として、マグカップとともに作成され、横須賀にて参列されたVIPに手渡された。
「日本のコーヒー」を愛したhide氏に捧ぐべく、「音」と「味・香り」という目視不可能な感覚の共通項を頼りに、
歌声と音の強弱、メロディラインをコーヒーのフレーバーとテイストで表現している。
使用コーヒーは、ブラジル・ナチュラルプレミアムのみだが、ローストレンジを多彩に変化させることで、創りこまれる複雑な音の抑揚を再現。
現在は、昴珈琲店で行われるゴールデンウィークイベント「Week of hide」開催期間中のみで限定販売している。


sekai_ps
hide’s coffeeⅡ ~Pink Spider~
hideの楽曲トリビュート2作目。都内、築地本願寺で執り行われた十三回忌会葬返礼品としてリクエストされ完成、参列された方々に配布された。
好評を博す「HURRY GO ROUND」とは対照的なシャープな切れ味を持つテイストだが、彼の愛した「日本のコーヒー」というテーマはぶれることはない。
コロンビア、インドネシアを中心に個別にロースト、配合され、楽曲「ピンクスパイダー」に迫っている。
桃色の雲の向こうにhideが見ていたもの、それは夢か、希望か、それとも・・・


sekai_kaigun
海軍さんの珈琲 ~男たちの大和ver.~
戦後60年を記念する、歴史的超大作は単なる戦記ではなく、描き出されるヒューマンドラマを中心にしたストーリーは、次々と動員記録を塗り替えた。
「どうしても、海軍さんの珈琲が必要なのです」という、東映、宣伝担当者からのご依頼を受け、パッケージのみをブラッシュアップ。
戦艦大和がポップアップする外箱と、30年以上ご支持をいただく「海軍さんの珈琲」は、見事なマッチングをみせ、唯一のオフィシャルコーヒーとなった。
⇒onlineshop 海軍さんの珈琲


sekai_ride
RIDE 90Mile BLENDED
ちょっと疲れた、しかし、燃え尽きることが出来ないバイク乗り、「キリン」。
圧倒的リアリズムと描写、そして自らもバイク乗りであり続ける漫画家・東本昌平氏による責任編集により誕生した
「RIDE」(モーターマガジン社)のコラボレーションイベントが、2008年夏、開催された。
瀬戸内の田舎町・呉を目指し、全国のバイク乗りが集う。そこには笑顔とコーヒーがある。
バイク×コーヒーという、不文律は平成の「600マイルブレンド」である。
⇒onlineshop 90マイルブレンド


sekai_iso
五十六珈琲
2011年末公開の東映配給『聯合艦隊司令長官・山本五十六』のオフィシャル・コーヒー。
人間・山本五十六を、深みのあるコーヒーの味と香りで紡ぎだすべく、最後の赴任地でもあったパプアニューギニア・アラビカを中心にブレンド構成し、
創造に当たっては山本家のご遺族の方からもご承認をいただく中で、完成に及んだ。
コクとまろみの同居する奥深い甘味を、キレのある、それでいて隙のない苦みがコートする。
優しさと厳しさ、繊細さと豪胆さ、その渾然一体を身上とするコーヒーである。
⇒onlineshop 五十六珈琲


sekai_zero
ブレンド・零(ゼロ)
2010年8月、漫画界の巨匠・松本零士監修による「ギャラリー・零」のオープンに伴い、ご依頼を受け、創造されたコーヒー。
都内、松本氏のオフィス「零士社」に於いて、同氏によるテイスティングを実施し、完成した。
ブラインド選考されたのはタンザニア産をベースにされたコーヒーだったが、曰く『そうですか、アフリカのコーヒーですか。僕は以前「アフリカの大地」に救われたことがあってね・・』
スペース・ファンタジーとも形容される作風、壮大なロマンは、アンドロメダ星雲のパッケージと相まって星のように輝き続けるに違いない。
⇒onlineshop ブレンド・零(ゼロ)


sekai_carp
ドミニカープブレンド
弊社地元、広島県のプロベースボールチームとのコラボレーション。
カープベースボールアカデミー所在地、ドミニカ共和国はカリブ海屈指のハイグレードコーヒーの産地として世界的に有名だが、
ドミニカで生産されるコーヒー、なかでも「バラオナ・ハイグロウン」のみを贅沢に使用し完成させている。
非常に上品だが、ボディもあり、甘い香りも特徴に数えることが出来る、「走・攻・守」のバランスの妙を楽しめる。
ネーミングはRCCラジオ・中国放送にて公募。まさにカープファンとの合作である。
⇒onlineshop ドミニカープブレンド


 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る