カート内の商品数:
0
お支払金額合計:
0円(税込)
送料無料まであと:
10,800円(税込)

海軍さんの珈琲 300g・粉/箱入

かつて呉海軍工廠で建造された世界最大の戦艦「大和」の艦内で密かに飲まれていたという「幻のコーヒー」。「大地の香りがした」という関係者の話を頼りに創業者が長い年月をかけて完成させました。



かつて呉海軍工廠で建造された世界最大の戦艦「大和」の艦内で密かに飲まれていたという「幻のコーヒー」。「大地の香りがした」という関係者の話を頼りに創業者が長い年月をかけて完成させました。



商品記号:vp_kaigun
 1,080円(税込)
包装・熨斗:
のしの種類を選択してください。ご希望の表書きがない場合、備考欄にてお知らせください。
のし贈り主名(名書き) / 備考欄:
包装+のしを選択された場合のみ、のし下の贈り主名(名書き)をご記入ください。
その他、希望がありましたら、こちらにご記入ください。
【例】出産内祝い・・[出産内祝い/○○] [命名札 ○○(読みがな)]
 
メッセージシール:
数量:

~STORY~

弊社の地元、広島県呉市はかつて軍港として繁栄し、当時の旧帝国海軍の要所、つまり鎮守府が所在していた港町でもありました。 「海軍さんの珈琲」はそんな呉の町に誕生しました。
1959年、弊社創業者は、喫茶店を営む傍ら、日々コーヒーを焙煎し、お客様にコーヒーを提供しておりました。
当時は元海軍関係者のご来店も多く、その常連のお客様たちとの会話の中にたびたび、旧海軍の中で密かにコーヒーを愉しんでいたという話が登場します。
かつて戦艦大和に乗艦し、砲手を担当しておられた方からは、「昔、大和の中で飲んだコーヒーはとても美味しかった・・・。」というお話もありました。

第二次世界大戦が始まると同時に、「コーヒー」は贅沢品として禁制品となり、輸入も途絶えます。
しかし、戦艦大和の中では飲まれていた・・・。
極度の緊張と祖国への思い、家族への想いが交錯する中、精神的にも肉体的にも限界の中で、唯一安らぎの役割を、この「幻のコーヒー」は果たしていたのかもしれません。

創業者は言います。
決して戦争を美化するわけでないし、戦争は憎むべきものだ、と。
自らの命を賭けて戦わなくてはならない理由があり、国を守らなければならない理由があった。

それ以来、創業者はその「幻のコーヒー」を自らの手で再現することを決意しました。
頼りになるのは「土の香り、大地の香りがした」という旧海軍の方たちの記憶と、当時「海軍さん」たちが物資を補給していた東南アジアの国々の記録のみ。

かつて日本海軍が駐在していた国々へ出向き、鑑定、焙煎、試作、試飲を繰り返しますが、「味と香り」の確認は当時の方たちに飲んでいただく方法をとるより他に無く、いうまでもなく情報に乏しい時代、その再現方法は困難を極めます。 しかし、その「幻のコーヒー」は徐々に輪郭を現していったといいます。
その決意から更に5年の年月を経て、ようやく完成にいたります。

「ああ、なつかしいねぇ、そうそうこの味。この香りでしたよ。」 完成したものの、店頭に並べることもなく、名前をつけられることもなく、その存在を知る人たちだけで愉しまれていたコーヒーは、口伝てに拡まり、いつしか「海軍さんの珈琲」と呼ばれはじめました。



※ 『海軍さんの珈琲』は株式会社昴珈琲店の商標登録です。




~STORY~

弊社の地元、広島県呉市はかつて軍港として繁栄し、当時の旧帝国海軍の要所、つまり鎮守府が所在していた港町でもありました。 「海軍さんの珈琲」はそんな呉の町に誕生しました。
1959年、弊社創業者は、喫茶店を営む傍ら、日々コーヒーを焙煎し、お客様にコーヒーを提供しておりました。
当時は元海軍関係者のご来店も多く、その常連のお客様たちとの会話の中にたびたび、旧海軍の中で密かにコーヒーを愉しんでいたという話が登場します。
かつて戦艦大和に乗艦し、砲手を担当しておられた方からは、「昔、大和の中で飲んだコーヒーはとても美味しかった・・・。」というお話もありました。

第二次世界大戦が始まると同時に、「コーヒー」は贅沢品として禁制品となり、輸入も途絶えます。
しかし、戦艦大和の中では飲まれていた・・・。
極度の緊張と祖国への思い、家族への想いが交錯する中、精神的にも肉体的にも限界の中で、唯一安らぎの役割を、この「幻のコーヒー」は果たしていたのかもしれません。

創業者は言います。
決して戦争を美化するわけでないし、戦争は憎むべきものだ、と。
自らの命を賭けて戦わなくてはならない理由があり、国を守らなければならない理由があった。

それ以来、創業者はその「幻のコーヒー」を自らの手で再現することを決意しました。
頼りになるのは「土の香り、大地の香りがした」という旧海軍の方たちの記憶と、当時「海軍さん」たちが物資を補給していた東南アジアの国々の記録のみ。

かつて日本海軍が駐在していた国々へ出向き、鑑定、焙煎、試作、試飲を繰り返しますが、「味と香り」の確認は当時の方たちに飲んでいただく方法をとるより他に無く、いうまでもなく情報に乏しい時代、その再現方法は困難を極めます。 しかし、その「幻のコーヒー」は徐々に輪郭を現していったといいます。
その決意から更に5年の年月を経て、ようやく完成にいたります。

「ああ、なつかしいねぇ、そうそうこの味。この香りでしたよ。」 完成したものの、店頭に並べることもなく、名前をつけられることもなく、その存在を知る人たちだけで愉しまれていたコーヒーは、口伝てに拡まり、いつしか「海軍さんの珈琲」と呼ばれはじめました。



※ 『海軍さんの珈琲』は株式会社昴珈琲店の商標登録です。




~STORY~

弊社の地元、広島県呉市はかつて軍港として繁栄し、当時の旧帝国海軍の要所、つまり鎮守府が所在していた港町でもありました。 「海軍さんの珈琲」はそんな呉の町に誕生しました。
1959年、弊社創業者は、喫茶店を営む傍ら、日々コーヒーを焙煎し、お客様にコーヒーを提供しておりました。
当時は元海軍関係者のご来店も多く、その常連のお客様たちとの会話の中にたびたび、旧海軍の中で密かにコーヒーを愉しんでいたという話が登場します。
かつて戦艦大和に乗艦し、砲手を担当しておられた方からは、「昔、大和の中で飲んだコーヒーはとても美味しかった・・・。」というお話もありました。

第二次世界大戦が始まると同時に、「コーヒー」は贅沢品として禁制品となり、輸入も途絶えます。
しかし、戦艦大和の中では飲まれていた・・・。
極度の緊張と祖国への思い、家族への想いが交錯する中、精神的にも肉体的にも限界の中で、唯一安らぎの役割を、この「幻のコーヒー」は果たしていたのかもしれません。

創業者は言います。
決して戦争を美化するわけでないし、戦争は憎むべきものだ、と。
自らの命を賭けて戦わなくてはならない理由があり、国を守らなければならない理由があった。

それ以来、創業者はその「幻のコーヒー」を自らの手で再現することを決意しました。
頼りになるのは「土の香り、大地の香りがした」という旧海軍の方たちの記憶と、当時「海軍さん」たちが物資を補給していた東南アジアの国々の記録のみ。

かつて日本海軍が駐在していた国々へ出向き、鑑定、焙煎、試作、試飲を繰り返しますが、「味と香り」の確認は当時の方たちに飲んでいただく方法をとるより他に無く、いうまでもなく情報に乏しい時代、その再現方法は困難を極めます。 しかし、その「幻のコーヒー」は徐々に輪郭を現していったといいます。
その決意から更に5年の年月を経て、ようやく完成にいたります。

「ああ、なつかしいねぇ、そうそうこの味。この香りでしたよ。」 完成したものの、店頭に並べることもなく、名前をつけられることもなく、その存在を知る人たちだけで愉しまれていたコーヒーは、口伝てに拡まり、いつしか「海軍さんの珈琲」と呼ばれはじめました。



※ 『海軍さんの珈琲』は株式会社昴珈琲店の商標登録です。




~STORY~

弊社の地元、広島県呉市はかつて軍港として繁栄し、当時の旧帝国海軍の要所、つまり鎮守府が所在していた港町でもありました。 「海軍さんの珈琲」はそんな呉の町に誕生しました。
1959年、弊社創業者は、喫茶店を営む傍ら、日々コーヒーを焙煎し、お客様にコーヒーを提供しておりました。
当時は元海軍関係者のご来店も多く、その常連のお客様たちとの会話の中にたびたび、旧海軍の中で密かにコーヒーを愉しんでいたという話が登場します。
かつて戦艦大和に乗艦し、砲手を担当しておられた方からは、「昔、大和の中で飲んだコーヒーはとても美味しかった・・・。」というお話もありました。

第二次世界大戦が始まると同時に、「コーヒー」は贅沢品として禁制品となり、輸入も途絶えます。
しかし、戦艦大和の中では飲まれていた・・・。
極度の緊張と祖国への思い、家族への想いが交錯する中、精神的にも肉体的にも限界の中で、唯一安らぎの役割を、この「幻のコーヒー」は果たしていたのかもしれません。

創業者は言います。
決して戦争を美化するわけでないし、戦争は憎むべきものだ、と。
自らの命を賭けて戦わなくてはならない理由があり、国を守らなければならない理由があった。

それ以来、創業者はその「幻のコーヒー」を自らの手で再現することを決意しました。
頼りになるのは「土の香り、大地の香りがした」という旧海軍の方たちの記憶と、当時「海軍さん」たちが物資を補給していた東南アジアの国々の記録のみ。

かつて日本海軍が駐在していた国々へ出向き、鑑定、焙煎、試作、試飲を繰り返しますが、「味と香り」の確認は当時の方たちに飲んでいただく方法をとるより他に無く、いうまでもなく情報に乏しい時代、その再現方法は困難を極めます。 しかし、その「幻のコーヒー」は徐々に輪郭を現していったといいます。
その決意から更に5年の年月を経て、ようやく完成にいたります。

「ああ、なつかしいねぇ、そうそうこの味。この香りでしたよ。」 完成したものの、店頭に並べることもなく、名前をつけられることもなく、その存在を知る人たちだけで愉しまれていたコーヒーは、口伝てに拡まり、いつしか「海軍さんの珈琲」と呼ばれはじめました。



※ 『海軍さんの珈琲』は株式会社昴珈琲店の商標登録です。





商品レビューはありません。

ご利用ガイド

   

お支払い方法

◆クレジットカード決済・代金引換・代金後払い(コンビニエンスストア・郵便局)・amazon Pay・PayPalからお選びいただけます。

※お支払い先様と配送先が異なる場合は代金引換をご利用できません。
※代金後払い(コンビニエンスストア・郵便局)の場合、手数料(¥324)はお客様負担となります。
※代引き手数料は0円でご利用いただけます。

◆23時59分までのご注文を最短で翌日発送(定休日・繁忙期は除く)しておりますが、お急ぎの場合はお電話でご注文していただきますと(15:00まで)当日発送も可能です。
◆毎週火曜日は定休日です。
◆お客様よりご注文いただきました商品は、ヤマト運輸にてお届けいたします。


◆送料は下記配達地域別に頂戴いたします。
◆10,800円以上お買い上げのお客様に対しては、送料無料サービスを行っております。

   
北海道 1080円
青森 秋田 岩手 宮城 山形 福島 1110円
東京 神奈川 埼玉 千葉 山梨 群馬 栃木 茨城 長野 新潟 905円
富山 石川 福井 静岡 愛知 岐阜 三重 香川 徳島 高知 愛媛 791円
京都 滋賀 大阪 奈良 和歌山 兵庫 岡山 広島 山口 鳥取 島根 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 689円
沖縄 1224円
  

お問い合わせ

0120-02-7730

受付時間 : 9:00~17:00

毎週火曜日は定休日です。

お問い合わせフォームは24時間受付中です。
確認ができ次第、担当より迅速にご対応させて頂きます。





◆株式会社 昴珈琲店 呉本店 / 1959店 

〒737-0046 広島県呉市中通2丁目5-3

TEL 0120-02-7730


◆株式会社 昴珈琲店 広Days店

広島県呉市広本町2丁目14-46

TEL&FAX 0823-72-2723