カート内の商品数:
0
お支払金額合計:
0円(税込)
送料無料まであと:
10,800円(税込)

【S12】海軍さんの珈琲 300g・粉/箱入

かつて呉海軍工廠で建造された世界最大の戦艦「大和」の艦内で密かに飲まれていたという「幻のコーヒー」。
「大地の香りがした」という関係者の話を頼りに創業者が長い年月をかけて完成させました。



かつて呉海軍工廠で建造された世界最大の戦艦「大和」の艦内で密かに飲まれていたという「幻のコーヒー」。
「大地の香りがした」という関係者の話を頼りに創業者が長い年月をかけて完成させました。



商品記号:vp_kaigun
 1,080円(税込)
包装・熨斗:
のしの種類を選択してください。ご希望の表書きがない場合、備考欄にてお知らせください。
のし贈り主名(名書き) / 備考欄:
包装+のしを選択された場合のみ、のし下の贈り主名(名書き)をご記入ください。
その他、希望がありましたら、こちらにご記入ください。
【例】出産内祝い・・[出産内祝い/○○] [命名札 ○○(読みがな)]
 
メッセージシール:
数量:


海軍さんの珈琲 録


「戦艦大和の中で飲んだコーヒーは、とても美味しかった」

この一言が全ての始まりでした。

1960年代、昴珈琲店・創業者、細野治雄は
喫茶店を営む傍ら、徐々に拡がりつつあるコーヒーに手ごたえ感じつつ、
より美味しいコーヒーをお届けするべく研鑽を重ね、探求の日々を送っていました。

まだまだ海外渡航すら厳しい時代、そしてコーヒーそのものも現在のように究明が進んでいない時代でもあり
コーヒーとは魅力的ではあるけれど未知なる部分も多い飲み物でしたが、
何かにつけ、自らが試し、納得せねばならない性分の治雄は、
品質、抽出は言うに及ばず、生産、保存、そして歴史に至るまで、可能な限り、その理解と習得に努めていました。

それゆえに、旧帝海軍に所属され、とりわけ戦艦大和に乗艦されていた方たちの、その「一言」は、治雄に衝撃をあたえ
深い興味を抱かせることとなります。

大戦中、コーヒーは禁輸品であり、国民の前から姿を消したはず・・・
しかし・・・

「戦艦大和の中では、コーヒーが飲まれていた・・?」

その言葉を耳にしたとき、
「何とも言えない衝動が走った。そのコーヒーにロマンすら感じた」
と治雄は回述しています。

日本の「海の防人」たちが愛した幻のコーヒーをどうしても飲んでみたい。
が、思いとは裏腹に、幻のコーヒーの再現は困難を極めました。
情報の入手もままならず、手さぐりも同然、思うように進まない鑑定作業。

しかし、光明とも言えたのは、
当時、昴珈琲店の常連さんの多くが、かつての旧帝国海軍に所属し、幻のコーヒーを味わっておられ、
その再現に、ご協力いただけたことでした。

非日常ともいえる戦火のただ中、隣接する「死」、極度の緊張に包まれた毎日に

刻みこまれた、味と香り。

日々、試作を試飲を繰り返し、興味から始まったそれは、復刻への使命感と変化し、
幻のコーヒーは次第にその輪郭を現していきました。

そして・・・

「ああ・・この香り・・この味でしたよ・・懐かしいねえ・・・」


そそがれた琥珀には、想像を絶する想いと、記憶が揺らめいていました。
それは現存するコーヒーとは、全く異なる世界に棲むものでした。
ついに、幻のコーヒーは静かに甦り、完結を迎えます。

円は閉じられたのです。

誰にも浸食することのできない、歴史の中に埋もれるはずであったコーヒーを前に、
治雄もまた、万感でありましたが、
そのコーヒーの存在を知る方たちも増えていくことになります。

記憶を偲ぶ方、上官、同胞、同期、同朋、そしてご遺族のご霊前にお供えしたい・・・

いつしか、幻のコーヒーは
「海軍さんの珈琲」と呼ばれることとなっていったのです。

美味しいコーヒーを創りだすことは、昴珈琲店の使命であると考えています。
しかし、最も大切なことは、そのコーヒーに込められる「思い」でもあります。

およそ数字や記号などでははかり知ることが不可能な、昴珈琲店発、すべてのコーヒーたちに、その思いは宿り続けています。



※ 『海軍さんの珈琲』は株式会社昴珈琲店の商標登録です。






海軍さんの珈琲 録


「戦艦大和の中で飲んだコーヒーは、とても美味しかった」

この一言が全ての始まりでした。

1960年代、昴珈琲店・創業者、細野治雄は
喫茶店を営む傍ら、徐々に拡がりつつあるコーヒーに手ごたえ感じつつ、
より美味しいコーヒーをお届けするべく研鑽を重ね、探求の日々を送っていました。

まだまだ海外渡航すら厳しい時代、そしてコーヒーそのものも現在のように究明が進んでいない時代でもあり
コーヒーとは魅力的ではあるけれど未知なる部分も多い飲み物でしたが、
何かにつけ、自らが試し、納得せねばならない性分の治雄は、
品質、抽出は言うに及ばず、生産、保存、そして歴史に至るまで、可能な限り、その理解と習得に努めていました。

それゆえに、旧帝海軍に所属され、とりわけ戦艦大和に乗艦されていた方たちの、その「一言」は、治雄に衝撃をあたえ
深い興味を抱かせることとなります。

大戦中、コーヒーは禁輸品であり、国民の前から姿を消したはず・・・
しかし・・・

「戦艦大和の中では、コーヒーが飲まれていた・・?」

その言葉を耳にしたとき、
「何とも言えない衝動が走った。そのコーヒーにロマンすら感じた」
と治雄は回述しています。

日本の「海の防人」たちが愛した幻のコーヒーをどうしても飲んでみたい。
が、思いとは裏腹に、幻のコーヒーの再現は困難を極めました。
情報の入手もままならず、手さぐりも同然、思うように進まない鑑定作業。

しかし、光明とも言えたのは、
当時、昴珈琲店の常連さんの多くが、かつての旧帝国海軍に所属し、幻のコーヒーを味わっておられ、
その再現に、ご協力いただけたことでした。

非日常ともいえる戦火のただ中、隣接する「死」、極度の緊張に包まれた毎日に

刻みこまれた、味と香り。

日々、試作を試飲を繰り返し、興味から始まったそれは、復刻への使命感と変化し、
幻のコーヒーは次第にその輪郭を現していきました。

そして・・・

「ああ・・この香り・・この味でしたよ・・懐かしいねえ・・・」


そそがれた琥珀には、想像を絶する想いと、記憶が揺らめいていました。
それは現存するコーヒーとは、全く異なる世界に棲むものでした。
ついに、幻のコーヒーは静かに甦り、完結を迎えます。

円は閉じられたのです。

誰にも浸食することのできない、歴史の中に埋もれるはずであったコーヒーを前に、
治雄もまた、万感でありましたが、
そのコーヒーの存在を知る方たちも増えていくことになります。

記憶を偲ぶ方、上官、同胞、同期、同朋、そしてご遺族のご霊前にお供えしたい・・・

いつしか、幻のコーヒーは
「海軍さんの珈琲」と呼ばれることとなっていったのです。

美味しいコーヒーを創りだすことは、昴珈琲店の使命であると考えています。
しかし、最も大切なことは、そのコーヒーに込められる「思い」でもあります。

およそ数字や記号などでははかり知ることが不可能な、昴珈琲店発、すべてのコーヒーたちに、その思いは宿り続けています。



※ 『海軍さんの珈琲』は株式会社昴珈琲店の商標登録です。






海軍さんの珈琲 録


「戦艦大和の中で飲んだコーヒーは、とても美味しかった」

この一言が全ての始まりでした。

1960年代、昴珈琲店・創業者、細野治雄は
喫茶店を営む傍ら、徐々に拡がりつつあるコーヒーに手ごたえ感じつつ、
より美味しいコーヒーをお届けするべく研鑽を重ね、探求の日々を送っていました。

まだまだ海外渡航すら厳しい時代、そしてコーヒーそのものも現在のように究明が進んでいない時代でもあり
コーヒーとは魅力的ではあるけれど未知なる部分も多い飲み物でしたが、
何かにつけ、自らが試し、納得せねばならない性分の治雄は、
品質、抽出は言うに及ばず、生産、保存、そして歴史に至るまで、可能な限り、その理解と習得に努めていました。

それゆえに、旧帝海軍に所属され、とりわけ戦艦大和に乗艦されていた方たちの、その「一言」は、治雄に衝撃をあたえ
深い興味を抱かせることとなります。

大戦中、コーヒーは禁輸品であり、国民の前から姿を消したはず・・・
しかし・・・

「戦艦大和の中では、コーヒーが飲まれていた・・?」

その言葉を耳にしたとき、
「何とも言えない衝動が走った。そのコーヒーにロマンすら感じた」
と治雄は回述しています。

日本の「海の防人」たちが愛した幻のコーヒーをどうしても飲んでみたい。
が、思いとは裏腹に、幻のコーヒーの再現は困難を極めました。
情報の入手もままならず、手さぐりも同然、思うように進まない鑑定作業。

しかし、光明とも言えたのは、
当時、昴珈琲店の常連さんの多くが、かつての旧帝国海軍に所属し、幻のコーヒーを味わっておられ、
その再現に、ご協力いただけたことでした。

非日常ともいえる戦火のただ中、隣接する「死」、極度の緊張に包まれた毎日に

刻みこまれた、味と香り。

日々、試作を試飲を繰り返し、興味から始まったそれは、復刻への使命感と変化し、
幻のコーヒーは次第にその輪郭を現していきました。

そして・・・

「ああ・・この香り・・この味でしたよ・・懐かしいねえ・・・」


そそがれた琥珀には、想像を絶する想いと、記憶が揺らめいていました。
それは現存するコーヒーとは、全く異なる世界に棲むものでした。
ついに、幻のコーヒーは静かに甦り、完結を迎えます。

円は閉じられたのです。

誰にも浸食することのできない、歴史の中に埋もれるはずであったコーヒーを前に、
治雄もまた、万感でありましたが、
そのコーヒーの存在を知る方たちも増えていくことになります。

記憶を偲ぶ方、上官、同胞、同期、同朋、そしてご遺族のご霊前にお供えしたい・・・

いつしか、幻のコーヒーは
「海軍さんの珈琲」と呼ばれることとなっていったのです。

美味しいコーヒーを創りだすことは、昴珈琲店の使命であると考えています。
しかし、最も大切なことは、そのコーヒーに込められる「思い」でもあります。

およそ数字や記号などでははかり知ることが不可能な、昴珈琲店発、すべてのコーヒーたちに、その思いは宿り続けています。



※ 『海軍さんの珈琲』は株式会社昴珈琲店の商標登録です。






海軍さんの珈琲 録


「戦艦大和の中で飲んだコーヒーは、とても美味しかった」

この一言が全ての始まりでした。

1960年代、昴珈琲店・創業者、細野治雄は
喫茶店を営む傍ら、徐々に拡がりつつあるコーヒーに手ごたえ感じつつ、
より美味しいコーヒーをお届けするべく研鑽を重ね、探求の日々を送っていました。

まだまだ海外渡航すら厳しい時代、そしてコーヒーそのものも現在のように究明が進んでいない時代でもあり
コーヒーとは魅力的ではあるけれど未知なる部分も多い飲み物でしたが、
何かにつけ、自らが試し、納得せねばならない性分の治雄は、
品質、抽出は言うに及ばず、生産、保存、そして歴史に至るまで、可能な限り、その理解と習得に努めていました。

それゆえに、旧帝海軍に所属され、とりわけ戦艦大和に乗艦されていた方たちの、その「一言」は、治雄に衝撃をあたえ
深い興味を抱かせることとなります。

大戦中、コーヒーは禁輸品であり、国民の前から姿を消したはず・・・
しかし・・・

「戦艦大和の中では、コーヒーが飲まれていた・・?」

その言葉を耳にしたとき、
「何とも言えない衝動が走った。そのコーヒーにロマンすら感じた」
と治雄は回述しています。

日本の「海の防人」たちが愛した幻のコーヒーをどうしても飲んでみたい。
が、思いとは裏腹に、幻のコーヒーの再現は困難を極めました。
情報の入手もままならず、手さぐりも同然、思うように進まない鑑定作業。

しかし、光明とも言えたのは、
当時、昴珈琲店の常連さんの多くが、かつての旧帝国海軍に所属し、幻のコーヒーを味わっておられ、
その再現に、ご協力いただけたことでした。

非日常ともいえる戦火のただ中、隣接する「死」、極度の緊張に包まれた毎日に

刻みこまれた、味と香り。

日々、試作を試飲を繰り返し、興味から始まったそれは、復刻への使命感と変化し、
幻のコーヒーは次第にその輪郭を現していきました。

そして・・・

「ああ・・この香り・・この味でしたよ・・懐かしいねえ・・・」


そそがれた琥珀には、想像を絶する想いと、記憶が揺らめいていました。
それは現存するコーヒーとは、全く異なる世界に棲むものでした。
ついに、幻のコーヒーは静かに甦り、完結を迎えます。

円は閉じられたのです。

誰にも浸食することのできない、歴史の中に埋もれるはずであったコーヒーを前に、
治雄もまた、万感でありましたが、
そのコーヒーの存在を知る方たちも増えていくことになります。

記憶を偲ぶ方、上官、同胞、同期、同朋、そしてご遺族のご霊前にお供えしたい・・・

いつしか、幻のコーヒーは
「海軍さんの珈琲」と呼ばれることとなっていったのです。

美味しいコーヒーを創りだすことは、昴珈琲店の使命であると考えています。
しかし、最も大切なことは、そのコーヒーに込められる「思い」でもあります。

およそ数字や記号などでははかり知ることが不可能な、昴珈琲店発、すべてのコーヒーたちに、その思いは宿り続けています。



※ 『海軍さんの珈琲』は株式会社昴珈琲店の商標登録です。





商品レビューはありません。

ご利用ガイド

   

お支払い方法

◆クレジットカード決済・代金引換・代金後払い(コンビニエンスストア・郵便局)・amazon Pay・PayPalからお選びいただけます。

※お支払い先様と配送先が異なる場合は代金引換をご利用できません。
※代金後払い(コンビニエンスストア・郵便局)の場合、手数料(¥324)はお客様負担となります。
※代引き手数料は0円でご利用いただけます。

◆23時59分までのご注文を最短で翌日発送(定休日・繁忙期は除く)しておりますが、お急ぎの場合はお電話でご注文していただきますと(15:00まで)当日発送も可能です。
◆毎週火曜日は定休日です。
◆お客様よりご注文いただきました商品は、ヤマト運輸にてお届けいたします。


◆送料は下記配達地域別に頂戴いたします。
◆10,800円以上お買い上げのお客様に対しては、送料無料サービスを行っております。

   
北海道 1080円
青森 秋田 岩手 宮城 山形 福島 1110円
東京 神奈川 埼玉 千葉 山梨 群馬 栃木 茨城 長野 新潟 905円
富山 石川 福井 静岡 愛知 岐阜 三重 香川 徳島 高知 愛媛 791円
京都 滋賀 大阪 奈良 和歌山 兵庫 岡山 広島 山口 鳥取 島根 福岡 佐賀 長崎 熊本 大分 宮崎 鹿児島 689円
沖縄 1224円
  

お問い合わせ

0120-02-7730

受付時間 : 9:00~17:00

毎週火曜日は定休日です。

お問い合わせフォームは24時間受付中です。
確認ができ次第、担当より迅速にご対応させて頂きます。





◆株式会社 昴珈琲店 呉本店 / 1959店 

〒737-0046 広島県呉市中通2丁目5-3

TEL 0120-02-7730


◆株式会社 昴珈琲店 広Days店

広島県呉市広本町2丁目14-46

TEL&FAX 0823-72-2723